2017年04月11日

結膜下出血(閲覧注意)

こんにちは。

店長です。

今日は春の嵐、すごい風でした。

傘が何度もひっくりかえりました。

桜が散っていく・・・・さびしいです。

さて、結膜下出血なのですが、

店長の目に訪れました。

全くもって迷惑でした。

目の白いところを結膜というのですが、そこの薄い膜の下にある血管が破れて出血した状態をいいます。

充血のような可愛いものではなく、白目が部分的に血のりを貼ったようにべっとりと赤くなります。

ひどい時は左右の白目全部真赤になります。
皮膚の内出血みたいなものですね。

1週間ほどで吸収され元に戻るので、別段治療はありません。

痛みも痒みもないので、本人はいたって元気ですが、見た目がなにせすごいですよね。

突発性で原因はこれと言ってないそうでして、

ただ、白目も老化していくので、膜にしわができてそれが原因のことが多いそうです。

私の白目にしわはないんだけど・・・

目尻にはあるけどね。

やかましいわ。

お客様に嫌な感じを与えるのいやだなあ、
伏し目がちに歩くのいやだなあ、
キリンにグールと言われたけど、なんのことかわからないなあ。

しかし2日目にして大分治ってきました。

写真はピークの時です。

皆様、こんな目の方を見ても怖がらないでくださいね。

そして、万が一あなたに訪れても大丈夫。

ひにちぐすりですよ。

でも繰り返して起こる場合は、病院へとのことです・・・。

では、寒暖の差が引き続き大きいので、ご自愛を。

KIMG0212.JPG
posted by プリダージ at 18:53| 店長のひとりごと